MacBookAir iCloudの初期設定 (iPhone写真のバックアップ)

MacBookAir iCloudの初期設定をご紹介

iPhoneの live Photos(ライブフォト)をMacBookAirで再生してみた の記事でお伝えした通り、iCloudフォトライブラリーを利用するために必要なiCloudの初期設定をご紹介します。
今回は、iPhoneで設定したiCloudと同じアカウントで設定をしていきます。

iCloudを活用することによって、iPhoneの写真のバックアップを手軽に行うことができますし、また他のデバイスで写真を共有するにもすごく便利です。是非ご活用ください。

設定方法
左上のリングマーク > システム環境設定の順にクリックします。

live-photo1

iCloudをクリックします。

live-photo2

iCloudのApple IDとパスワードを入力します。今回は、iPhoneと同じiCloudのアカウントにしますのでiPhoneで設定したiCloudのApple IDを入力します。

live-photo3

iPhoneのiCloudのApple IDは、
設定 > iCloud で確認できます。

live-photo3


iPhoneのデータをMacBookAirで利用するか選択します。iCloudではiPhoneの連絡先、カレンダー、リマインダー、Safariが共有できます。この共有の項目は後でも変更できますのでご安心ください。

Macを探すを使用 もここで選択します。この設定も後で変更することができます。

次へをクリックします。

live-photo4

別のアカウントでMacを探すを使用を有効にしていると下記の画面が表示されます。続けるをクリックします。

live-photo5


Macを探すの位置情報を許可します。不要な場合はキャンセルをします。

live-photo6

MacBookAirの管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

live-photo7


iCloudのキーチェーンを利用する場合、iCloudのパスワードを入力します。

live-photo9

6桁のセキュリティコードを入力します。

live-photo10

電話番号を入力します。iCloudのセキュリティコードを使用する時に利用するようです。不要な場合は、キャンセルをクリックsます。

live-photo10

以上で設定は完了です。これでiCloudが利用できるようになりました。
この設定を完了すれば、iPhoneやMacでも写真などのデータを共有できる、iCloudフォトライブラリが利用できます。

live-photo10


最後まで記事をご覧になっていただきまして、ありがとうございました!


関連記事








テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事