第3回 無線LANを設定してみる【パソコン Windows8.1】

はじめに
今回は、Windows8.1環境のパソコンの無線LANを設定をしていきます。

Windows8.1 環境の無線LANを接続する方法は、2つあります。1つ目は、ネットワークセキュリティーを入力する方法、2つ目は、WPSボタンを利用する方法です。2つ目のWPSボタンを利用する方法は、別の記事でご紹介していますので、そちらを参照ください。

第6回 WPSで無線LANを設定してみる【パソコン Windows8.1】


自宅ネットワーク全体イメージ 今回はパソコンを無線LAN接続する

設定をする
(1)では、さっそくパソコンの無線LANの設定をしていきます。


画面右下にある、無線LANのアイコンをクリックします。



(2)パソコンが検出した無線LANルータの一覧が出てきます。自分の無線LANルータのSSIDをクリックします。

SSIDとは、無線LANルータの識別するものです。「このSSIDは、私のものですよー」と無線LANルータが知らせています。




私が購入した無線LANルータ(WRZ-1750DHP2)のSSIDは、本体の下に書いてあります。

購入した無線LANルータのSSIDは、SSIDは、2つ書いてあります。周波数によって分かれています。今回は、5GHz帯のSSIDである、Buffalo-A-XXXXを選びます。


SSID Buffalo-A-XXXX 5 GHz (11ac/n/a)
Buffalo-G-XXXX
2.4 GHz (11n/g/b)


(3)接続をクリックします。



(4)ネットワーク セキュリティキーを入れます。
キーがわからない方は、もうひとつ下の画像をご覧ください。



私が購入した無線LANルータ(WRZ-1750DHP2)のネットワークセキュリティーキーは、本体の下に書いてあります。KEYというところです。なお、このKEYという名称は、メーカーによって異なっていて、暗号キーだったりパスワードだったりするようです。



(5)はいをクリックします。




(6)下記のマークになっていれば、無線LANに接続されたことを示します。
 


以上で設定は、完了です。



パソコンから無線LANを使用してみる


さっそく試してみました。
問題なく、インターネットできました!遅いという感覚はまったくないです。
1本でもケーブルがなくなると少しスッキリして、嬉しいものです。また、数年後にパソコンを追加しようとしたときに、置く場所に悩まされないくなります。今まででしたら、LANケーブルのことが気になってルータとの配線はどうしよう、て悩んでました。
話はそれますが、電源もコードレスになって、全部ケーブルレスになればいいのにと思ってます。

続いて、Windows7環境のノートパソコン の無線LANの設定をしていきます。


 #3無線LANを設定してみる。【ノートパソコン Windows7】

関連記事








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事