番外① スマカメにブラウザからWebログインしてみる(80番)

スマカメは、Webベースで設定可能?
アプリにはない詳細な無線LANの設定をすることができる!

スマカメには、Webベースの機能を持っていて、ブラウザからログインして無線LANの設定をすることができます。専用アプリの無線LANの設定は、「接続する無線LANルータを選択する」程度の設定でしたが、Webベースの設定では、スマカメ自体が親ルータにできたり、SSIDを変更したり、DHCPを設定したり..とさまざな設定をすることができます。
※なお、Webベースでの設定は、マニュアルに公開されていないようなので、メーカーがサポートしているかは不明です。

スマカメにログインする

ブラウザからスマカメのIPアドレスを入力します。今回の環境は、スマカメのIPアドレスは、192.168.11.8となります。



これはCS-QR10からの要求です。と表示されたら、間違いなくスマカメのIPアドレスです。違う場合は、スマカメ以外の装置にログインしようとしていますので、別のIPアドレスで試してください。

ユーザ名とパスワードを求められます。ユーザ名は、admin、 パスワードは、password です。




下記の画面になったら、無事ログイン成功です。



スマカメのIPアドレスがわからない場合

以下の手順を踏めば、スマカメのIPアドレスを調べることができます。

デスクトップ画面の左下を右クリックして、コマンドプロンプトを開きます。




まずは、パソコンのIPアドレスを調べます。ipconfig と入力します。



パソコンのIPアドレスが表示されます。赤で囲った、192.168.11.9 がパソコンのIPアドレスです。




続いて、ping をしてスマカメを探します。ping とは、装置がつながっているかを調べるために使用します。スマカメのIPアドレスはわからないので、手当り次第に探します。パソコンのIPアドレスが、192.168.11.9 だったので、192.168.11.1、192.168.11.2と順番にpingをします。疎通OKの場合、下記のようになります。



疎通NG、つまりそのIPアドレスを持つ装置がいない場合、宛先ホストに到達できません と表示されます。



ある程度pingをして、疎通OKがいくつかあったらスマカメが含まれているかもしれません。
arp -a で IPアドレスとMACアドレスの紐づけを見てみます。スマカメのMACアドレスは、スマカメ本体の裏に記載されています。※正確には、このMACアドレスは、有線用で、無線LANのMACアドレスは、ひとケタ違いです。
arpコマンドで表示されたスマカメのMACアドレスに紐づいているものが、スマカメのIPアドレスとなります。









以上のことからスマカメのIPアドレスは、192.168.11.8 ということがわかります。



次回は、どんな設定ができるか見ていきます。

次回は、実際に無線LANの設定を変更してみて、少し違った使い方を試したいと思います。たとえば、スマカメを無線LANの親機にして、子機としてスマホを使って接続したいと思います。これができれば、無線LANルータがない環境でも使用できますし、外にも持ち出せるかもしれません。
番外② スマカメを無線LANルータの親機として利用する
今回は、簡単ですが、設定箇所をアップロードしてみます。













関連記事








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事