第6回 WPSで無線LANを設定してみる【パソコン Windows8.1】

Windows8.1 WPSボタンを利用して無線LANの接続をしてみる。

今回は、WPS機能を利用してWindows8.1環境のパソコンを無線LANルータに接続する方法をご紹介します。

Windows8.1 環境の無線LANを接続する方法は、2つあります。1つ目は、ネットワークセキュリティーを入力する方法、2つ目は、WPSボタンを利用する方法です。※ネットワークセキュリティーを入力する方法は、こちらの記事をご参照ください。
第3回 無線LANを設定してみる【パソコン Windows8.1】

WPSとは、簡単に無線LANをセットアップする仕組みです。無線LANルータと参加する無線LAN端末の1分30秒の間にWPSボタンをお互い押すだけで無線LANが利用できるようになります。WPSを利用した接続は、いろんな無線LAN対応の機器でサポートされていますので、覚えておくと便利です。

※バッファローの場合は、WPSをAOSSボタンといいます。

WPSを利用して無線LAN接続をする。


(1) Windows8.1のデスクトップ画面の右下にある無線LANアイコンをクリックします。



(2) 接続したい無線LANルータのSSIDをクリックします。





(3) この画面でネットワークセキュリティ キーを押さず無線LANルータのWPSボタンを押します。





私が購入した無線LANルータ(WRZ-1750DHP2)は、WPSボタンの替わりにAOSSボタンを数秒押したままにします。





(4) AOSSボタンを数秒押してから、数秒後に無線LAN接続が成功します。はいをクリックして完了です。




まとめ

いかがだったでしょうか。おさらいすると、Windows8.1環境のパソコンでWPSを利用した無線LAN接続をする場合、①パソコン側でセキュリティーキーを入力する画面を開いた後、②無線LANルータ側でWPSボタンを押すことで、接続が完了します。冒頭でも述べましたが、このWPSを利用した無線LAN接続を覚えておくと、無線LAN機器を追加する時に簡単ですし、いろんな機器がWPSに対応していますので、新しい機器を追加するときにどうやって無線LAN接続するんだろう?と悩まなくてもよくなります。






関連記事








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事