第1回 外付けハードディスクを無線LANルータとつなげてNASにする

無線LANルータに外付けハードディスクをつなげて、パソコンやスマホからアクセスできるようにする

今回は、USBの外付けハードディスクを無線LANルータにつなげて、NASとして利用できるようにします。


無線LANルータは、USBポートを2つ持っているバッファロー:WRZ-1750DHP2を使用します。NAS(Network Attached Storage)とは、ネットワークを利用してハードディスク(Storage)が利用できる仕組みです。NASにしてしまえば、無線LANなどのネットワーク経由で利用することができるようになります。

なお、外付けハードディスクを無線LANする方法を知りたい場合は、こちらの記事が参考になりますのでご紹介させていただきます。

自宅ネットワーク全体イメージ 今回は外付けハードディスク


無線LANルータと外付けハードディスクをつなげる
外付けハードディスクに電源を入れ、①無線LANルータとUSBケーブルで接続します。無線LANルータのポートは、USB3.0ポートを使用します。



設定をする
(1)無線LANルータの管理画面に接続します。インターネットエクスプローラーなどのブラウザを開き、192.168.11.1と入力します。パソコン、スマートフォンからでも構いません。パスワードは、変更していない場合、password です。

もし、下記のような画面にならない場合、無線LANルータのIPアドレスが異なっている可能性が高いです。無線LANルータのIPアドレスは、パソコンやスマートフォンのデフォルトゲートウェイです。調べ方は、Windows8.1コマンドプロンプト   iPhone WiFi設定

それでもうまくいかない方は、バッファローから無線LANルータに接続するアプリケーションが提供されています。
エアステーション設定ツール(Ver.2) Ver.2.0.15




(2) 管理画面になります。USBストレージをクリックします。






(3)
ファイル共有にチェックを入れ、設定をクリックします。





(4)
設定中の画面になります。






(5)詳細設定
をクリックします。






(6)
アプリケーションディスク管理 の順でクリックします。






(7)
下記のようにフォーマット 不明、状態:未認識となっていたら、フォーマットする必要があります。
フォーマットすると、データがすべて消えてしまいますので、データが残っている場合は、フォーマットする前にハードディスクのバックアップを行ってください。

認識している場合は、フォーマットする必要はございません。






(8)フォーマットボタンをクリックします。




(9)フォーマット形式は、XFS を選択して、フォーマット実行ボタンをクリックします。

なお、FAT形式のフォーマット形式の選択できますが、4GByte以上は、対応しておりません。今回使用する外付けハードディスクは、2TByteなので、XFSのみ使用可能です。






(10)下記図の水色の箇所の通り、パーティション1(disk_pt1)となっていれば完了です。




以上で設定は完了となります。


続いて、Windows8.1環境のパソコンからアクセスしてみます。
関連記事








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事