【3TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)


据え置き型のUSB外付けハードディスク 3TB製品比較とおすすめをご紹介します

USB外付けハードディスクの接続は、パソコン、テレビ、無線LANルータが考えられます。
これら機器と接続をすれば、大容量のデータをバックアップすることができます。
※無線LANルータのUSB外付けハードディスクの接続は、下記の記事をご覧ください。

無線LANで外付けハードディスクにアクセスする方法(NAS)

◆据え置き型のUSB外付けハードディスクの選び方のポイントは?


①どの容量にするか

USB外付けハードディスクの容量は、500GB、1TB、2TBと大容量です。
なかなか明確にどの容量にするか決めるのは難しいかもしれませんが、
参考までに1TBの外付けハードディスクに写真をバックアップする場合、1つの写真が4MBだとすると25万枚もバックアップできます!容量を大きくすればするほどたくさんバックアップができます。

ちなみに私は5年前に2TBの外付けハードディスクを購入しましたが、まだ500GBしか使ってません。まだ1.5TBも余ってます。目的は家族の写真や動画を入れているだけです。この程度の使い方ではあまりディスク容量を消費しないようです。

②機能を確認する

USB外付けハードディスクの機能は、ハードディスクを持ち出せないようにするセキュリティスロット、ハードディスクの温度を下げる冷却FANなどの機能があります。
単純にバックアップしたいという目的だけだったらあまり重要ではない機能かもしれません。

私個人的にはあまり重要視していませんが、同じ価格でこれらの機能が付いていたら、機能が付いている方を選択するのがいいでしょう。


他の容量のUSB外付けハードディスクの製品比較は、以下の記事をご覧ください。
記載がない容量の製品は、現在記事を作成中なので少々お待ちください。

【1TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)
2TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)
(現在の記事)【3TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)



◆据え置き型のUSB外付けハードディスク 3TBの製品比較



全部で12製品を取り上げています。数が多いため、表を2つに分けています。



優れている点 劣っている点

会社名 SEAGATE SEAGATE IO DATA
おすすめ
SEAGATE バッファロー 東芝
型番 HD-SG3.0U3BK-D SGD-FNX030UBK HDC-LA3.0 SGD-NX030UBK HD-LL3.0U3-BKD HD-EF30TW
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
楽天
レビュー
- - 
4.47(142件)

1.0(1件)

4.33(3件)
容量 3TB
3TB 3TB 3TB 3TB 3TB
ポート USB3.0/2.0
USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0
RAID - - - - - -
セキュリティ
スロット
- - - - -
冷却FAN - - - - - -
テレビ
パソコン 
特徴 マッハCopy ターボPC EX2 Plus
(保存容量Up)
・簡単ロック
価格コム
最安値(税込)
2016/3/3更新
10,480円
(価格コム)
- 10,479円
(価格コム)
13,800円
(価格コム)
12,598円
(価格コム)
12,980円
(価格コム)
Amazon
(税込)
2016/3/3更新
10,480円 (Amazon) 9,980円 (Amazon) 10,480円
(Amazon)
13,232円 (Amazon) 14,600円
(Amazon)
13,700円 (Amazon)
楽天
(税込)
2016/3/3更新
9,829円
(楽天)
- 10,480円
(楽天)
13,500円
(楽天)
15,750円
(楽天)
13,015円
(楽天)
発売日  2015/3 2015/12 2014/4 2014/12 2014/5 2015/4


優れている点 劣っている点

会社名 WESTERN DIGITAL バッファロー IO DATA IO DATA バッファロー バッファロー
型番 WDBWLG0030HBK HD-LC3.0U3-BKD HDEL-UT3OR HDCL-UTE3K HD-LX3.0U3D HD-GD3.0U3D
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
楽天
レビュー

4.71(7件)

4.22(9件)
- - -
5
.0(1件)
容量 3TB
3TB 3TB 3TB 3TB 3TB
ポート USB3.0/2.0
USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0
RAID - - - - - -
セキュリティ
スロット
- - -
冷却FAN - - - -
テレビ
パソコン 
特徴 ターボPC EX2 Plus
(保存容量アップ)
・マッハCopy
マッハCopy ターボPC EX2 
(保存容量Up)
ハードウェア
暗号化


ターボPC EX2 
(保存容量Up)
・大容量DRAM
キャッシュ
価格コム
最安値(税込)
2016/3/3更新
11,800円
(価格コム)
11,384円
(価格コム)
9,980円
(価格コム)
12,618円
(価格コム)
15,266円
(価格コム)
19,479円
(価格コム)
Amazon
(税込)
2016/3/3更新
12,600円
 (Amazon)
12,080円
(Amazon)
12,160円
(Amazon)
13,216円
(Amazon)
15,266円
(Amazon)
19,480円
(Amazon)
楽天
(税込)
2016/3/3更新
12,980円
(楽天)
12,800円
(楽天)
10,980円
(楽天)
12,780円
(楽天)
15,773円
(楽天)
19,480円
(楽天)
発売日  2015/9 2015/6 2015/4 2015/10 2015/10 2015/4

おすすめのUSB外付けハードディスクは?


レビューが高評価+価格面から IO DATAHDC-LA3.0おすすめいたします。


レビューが高評価は、楽天のレビューでは142件も集まって評価が4.47もあります。
Amazonでは、744件もレビューが集まって、評価が4.3です。多くの人が使って高い評価ですから安心して使用できると考えられます。

価格面は、この製品群で一番安いわけではないですが、比べても約500円程度です。
そんなに高いとは言えません。

価格は、2016年1月27日の時点で以下の通りです。
どこで購入しても値段の差はありません。

・価格コム:10,479円
・Amazon: 10,480円
・楽天   :  10,480円

Amazonで購入する場合はこちら。

楽天で購入する場合はこちら。


◆他の参考記事

無線LANルータ
USB外付けハードディスク
記事は以上となります。ご覧になっていただきまして、ありがとうございました!








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

【2TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)


据え置き型のUSB外付けハードディスク 2TB製品比較とおすすめをご紹介します

USB外付けハードディスクの接続は、パソコン、テレビ、無線LANルータが考えられます。
これら機器と接続をすれば、大容量のデータをバックアップすることができます。
※無線LANルータのUSB外付けハードディスクの接続は、下記の記事をご覧ください。

無線LANで外付けハードディスクにアクセスする方法(NAS)

◆据え置き型のUSB外付けハードディスクの選び方のポイントは?


①どの容量にするか

USB外付けハードディスクの容量は、500GB、1TB、2TBと大容量です。
なかなか明確にどの容量にするか決めるのは難しいかもしれませんが、
参考までに1TBの外付けハードディスクに写真をバックアップする場合、1つの写真が4MBだとすると25万枚もバックアップできます!容量を大きくすればするほどたくさんバックアップができます。

ちなみに私は5年前に2TBの外付けハードディスクを購入しましたが、まだ500GBしか使ってません。まだ1.5TBも余ってます。目的は家族の写真や動画を入れているだけです。この程度の使い方ではあまりディスク容量を消費しないようです。

②機能を確認する

USB外付けハードディスクの機能は、ハードディスクを持ち出せないようにするセキュリティスロット、ハードディスクの温度を下げる冷却FANなどの機能があります。
単純にバックアップしたいという目的だけだったらあまり重要ではない機能かもしれません。

私個人的にはあまり重要視していませんが、同じ価格でこれらの機能が付いていたら、機能が付いている方を選択するのがいいでしょう。



その他の容量のUSB外付けハードディスク記事は下記をご覧ください。

【1TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)
(現在の記事)【2TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)
【3TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)



◆据え置き型のUSB外付けハードディスク 2TBの製品比較



全部で12製品を取り上げています。数が多いため、表を2つに分けています。



優れている点 劣っている点

会社名 SEAGATE SEAGATE IO DATA SEAGATE WESTERN DIGITAL バッファロー
型番 HD-3.5I2T HD-SG2.0U3BK-D HDC-LA2.0 SGD-FEX020UBK WDBWLG0020HBK HD-LC2.0U3-BKD
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
楽天
レビュー

4.83(6件)
-
4.4(54件)
- -
4.5(8件)
容量 2TB
2TB 2TB 2TB 2TB 2TB
ポート USB3.0/2.0
USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0
RAID - - - - - -
セキュリティ
スロット
- - - - -
冷却FAN - - - - - -
テレビ
パソコン 
特徴 マッハCopy ターボPC EX2 Plus
価格コム
最安値(税込)
2016/3/3更新
-円
(価格コム)
8,480円
(価格コム)
8,979円
(価格コム)
9,480円
(価格コム)
9,266円
(価格コム)
9,726円
(価格コム)
Amazon
(税込)
2016/3/3更新
-円 (Amazon) 8,480円 (Amazon) 8,980円
(Amazon)
9,480円 (Amazon) 9,266円
(Amazon)
10,272円 (Amazon)
楽天
(税込)
2016/3/3更新
-円
(楽天)
8,480円
(楽天)
8,980円
(楽天)
12,320円
(楽天)
- 10,480円
(楽天)
発売日  2015/3 2015/12 2014/4 2014/12 2014/5 2015/4


優れている点 劣っている点

会社名 SEAGATE 東芝 バッファロー IO DATA IO DATA バッファロー
型番 SGD-NX020UBK HD-EF20TW HD-LL2.0U3-BKD HDCL-UTE2K HDEL-UT2ORB HD-LX2.0U3D
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
楽天
レビュー
- - 
4.0(6件)

5
.0(1件)
-
5
.0(2件)
容量 2TB
2TB 2TB 2TB 2TB 2TB
ポート USB3.0/2.0
USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0
RAID - - - - - -
セキュリティ
スロット
- - - -
冷却FAN - - - - -
テレビ
パソコン 
特徴
ターボPC EX2 Plus
(保存容量Up)
・簡単ロック
マッハCopy マッハCopy

ターボPC EX2 
(保存容量Up)
ハードウェア
暗号化
価格コム
最安値(税込)
2016/3/3更新
9,000円
(価格コム)
9,499円
(価格コム)
11,891円
(価格コム)
10,610円
(価格コム)
10,672円
(価格コム)
12,468円
(価格コム)
Amazon
(税込)
2016/3/3更新
9,726円 (Amazon) 10,500円 (Amazon) 12,980円
(Amazon)
10,672円
(Amazon)
12,468円
(Amazon)
楽天
(税込)
2016/3/3更新
10,280円
(楽天)
12,780円
(楽天)
13,380円
(楽天)
10,800円
(楽天)
11,226円
(楽天)
12,980円
(楽天)
発売日  2015/9 2015/6 2015/4 2015/10 2015/10 2015/4

おすすめのUSB外付けハードディスクは?


格面からSEAGATEのHD-SG2.0U3BK-Dおすすめいたします。

他の製品に比べ機能面に劣りますが、機能がない分、価格は一番安くなっています。
ディスク容量さえ確保すれば、冷却機能やせュリティロックは不要という方はこの製品がオススメです。

ちなみに1TBの製品は最安値で約7,500円。この2TBの製品は、8,480円です。たった1,000円しか違いません。本当に安いです。

購入の際は、価格コム、Amazon、楽天のどこで購入しても8,480円です。

Amazonで購入する場合はこちら
楽天で購入する場合はこちら



◆他の参考記事

無線LANルータ
USB外付けハードディスク


記事は以上となります。ご覧になっていただきまして、ありがとうございました!









テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

【1TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)

据え置き型のUSB外付けハードディスク 1TBの製品比較とおすすめをご紹介します。

USB外付けハードディスクの接続は、パソコン、テレビ、無線LANルータが考えられます。
これら機器と接続をすれば、大容量のデータをバックアップすることができます。
※無線LANルータのUSB外付けハードディスクの接続は、下記の記事をご覧ください。

無線LANで外付けハードディスクにアクセスする方法(NAS)

◆据え置き型のUSB外付けハードディスクの選び方のポイントは?


①どの容量にするか

USB外付けハードディスクの容量は、500GB、1TB、2TBと大容量です。
なかなか明確にどの容量にするか決めるのは難しいかもしれませんが、
参考までに1TBの外付けハードディスクに写真をバックアップする場合、1つの写真が4MBだとすると25万枚もバックアップできます!容量を大きくすればするほどたくさんバックアップができます。

ちなみに私は5年前に2TBの外付けハードディスクを購入しましたが、まだ500GBしか使ってません。まだ1.5TBも余ってます。目的は家族の写真や動画を入れているだけです。この程度の使い方ではあまりディスク容量を消費しないようです。

②機能を確認する

USB外付けハードディスクの機能は、ハードディスクを持ち出せないようにするセキュリティスロット、ハードディスクの温度を下げる冷却FANなどの機能があります。
単純にバックアップしたいという目的だけだったらあまり重要ではない機能かもしれません。

私個人的にはあまり重要視していませんが、同じ価格でこれらの機能が付いていたら、機能が付いている方を選択するのがいいでしょう。




◆据え置き型のUSB外付けハードディスク 1TBの製品比較


価格の情報は、価格コム、Amazon、楽天です。定期的に更新しています。


優れている点 劣っている点

会社名 バッファロー
おすすめ
東芝 バッファロー IO DATA バッファロー
型番 HD-LC1.0U3-BKD HD-EF10TW HD-LL1.0U3-BKD HDCL-UTE1W HD-LX1.0U3D
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
楽天
レビュー

4.54(13件)
- - - -
容量 1TB
1TB 1TB 1TB 1TB
ポート USB3.0/2.0
USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0 USB3.0/2.0
RAID - - - - -
セキュリティ
スロット
- -
冷却FAN - - - -
テレビ
パソコン
特徴 ターボPC EX2 Plus ターボPC EX2 Plus
(保存容量Up)
・簡単ロック
マッハCopy ターボPC EX2
(保存容量Up)
ハードウェア
暗号化
価格コム
最安値(税込)
2016/3/3更新
7,880円
(価格コム)
7,500円
(価格コム)
10,980円
(価格コム)
9,431円
(価格コム)
11,080円
(価格コム)
Amazon
(税込)
2016/3/3更新
8,480円
(Amazon)
7,500円 (Amazon) 11,200円
(Amazon)
9,432円 (Amazon) 11,080円 (Amazon)
楽天
(税込)
2016/3/3更新
8,300円
(楽天)
8,980円
(楽天)
12,000円
(楽天)
8,980円
(楽天)
11,080円
(楽天)
発売日  2015/4 2015/6 2015/4 2015/10 2015/4


おすすめのUSB外付けハードディスクは?


価格面と機能面からバッファローのHD-LC1.0U3-BKDおすすめいたします。

価格面は、同じ1TBの製品群で一番安いです。

機能面も豊富です。ディスクを取り出せないようにするためのセキュリティロックの機能や保存容量をアップさせる機能、ターボPC EX Plusも利用できます。


(Amazon)BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 1TB ブラック HD-LC1.0U3-BKD




ただ、1TBを購入するくらいなら、2TBの外付けハードディスクの購入も検討した方がいいです。
理由は、価格があまり変わらないからです。2016/1/21の時点で1TBの価格は、約7,200円。2TBは、約8,000円です。たった800円で倍の容量が手に入れられるわけです。

下記の記事に2TBのUSB外付けハードディスクの製品比較をまとめましたのでご参考までに。

2TB編】USB外付けハードディスクの比較とおすすめ(無線LANルータでNAS)

◆他の参考記事


無線LANルータ
USB外付けハードディスク


記事は以上となります。ご覧になっていただきまして、ありがとうございました!










テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

ついにGoogleフォトがChromecastに対応!さっそく試してみた


つい先日、GoogleフォトがChromecast対応になりました。個人的にはすごく嬉しいことです。

Googleフォトとは、Googleが提供するクラウドストレージサービスです。
iPhoneなどスマホの写真/ビデオをバックアップすることができます。
バックアップできるディスク容量は、無制限と15GBまでの2種類があります。

無制限を選んだ場合、写真が16メガピクセル(1,600万画素)、動画1080pまでとなります。
サイズを超えたファイルをアップロードした場合、自動で圧縮されます。
私のiPhone6sのカメラで撮った写真は、12メガピクセルなので圧縮対象ではありませんので
容量制限なく写真をバックアップすることができます。

私は、写真/ビデオのバックアップツールの一つとしてGoogleフォトを利用しています。容量制限なく自動でバックアップできるので強烈に便利なアプリです。

GoogleフォトがChromecastに対応してくれたおかげで写真のバックアップもテレビにCastするのも一つのアプリでできるようになったので楽になりました。



GoogleフォトのChromecast機能を試して見る

さっそく試してみます。今回試したGoogleフォトのバージョンは、1.6.1です。

chromecast_google_photo00

■使い方


Googleフォトのダウンロードはこちら

Goolgeフォトを利用するのは、Gmailのアカウントが必要になります。

まずアプリをダウンロードして、開きます。Gmailのアカウントでログインします。
Gmailのアカウントがない方は、ここでアカウントを作成します。
いくつか初期設定した後、写真とビデオがクラウド上に同期されます。

そして、ビデオや写真がアプリから見ることができます。



アプリを開くと右上にChromecastのアイコンがありますので、タップしてChromecast端末を選択します。

chromecast_google_photo01


テレビに写真を映し出した画像です。
写真が潰れることなく、オリジナルの写真のまま表示されますので見やすいです。

chromecast_google_photo02


写真を選択は、指でスライドをします。サクサク選択できるので快適です。

chromecast_google_photo03

ビデオ(動画)も映し出すことができます。こちらもオリジナルのまま表示されます。

chromecast_google_photo04


まとめ

GoogleフォトのChromecast機能をまとめてみました。
結論としては、写真やビデオをテレビに映し出すには便利なアプリだと感じました。

1点だけ気になったのは、写真をテレビに映し出していると数分に1回程度Chromecastと切断されました。1回だけでなく何回か切断されました。他のアプリではこういったことが発生しないので、おそらくGoogleフォトアプリの問題かなと思いました。今後バージョンアップで不具合が改善されるといいなと思いました。

Googleフォト
専用アカウント 必要
写真機能
  スライドショー なし
  写真のめくり方 指でスライド
動画機能
  備考 使用中、たまにChromecastと切断される
バックグランド※

※バックグラウンドとは、写真/ビデオをテレビに映し出している時に、iPhone上で他の操作が利用できるかどうかです。バックグラウンドに対応していないとiPhone上で他の操作をした時点でChromecastが利用できなくなります。

以上で今回の記事を終わりにします。ご覧になっていただきましてありがとうございました!



chromecast_google_photo00 


Googleフォトのダウンロードはこちら









テーマ:iPhone - ジャンル:コンピュータ

無線LAN 子機の選び方とおすすめ 2016年1月版(②IEEE802.11ac 433Mbps/150Mbps)

 
無線LAN 子機の選び方とおすすめ 製品比較

無線LAN 子機の製品を2回に分けてご紹介します。

紹介する無線LAN子機は、最新の規格IEEE802.11ac対応の製品です。
現時点で最も通信速度が速い規格です。そして、同じ最新の規格でもいくつか速度帯が分かれています。現時点では、以下の速度帯に分かれています。

(1) 1300Mbps (5GHz) / 600Mbps(2.4GHz)
(2)  866Mbps (5GHz) / 300Mbps(2.4GHz)
(3)  433Mbps (5GHz) / 150Mbps(2.4GHz)

そして、今回ご紹介するのは(3)の速度帯の無線LAN子機の製品です。

(1)と(2)の無線LAN子機のご紹介は、下記の記事をご参照ください。

無線LANルータ子機の選び方 2016年1月版(①IEEE802.11ac 1300-866Mbps/600-300Mbps)

無線LAN子機が必要になる場合は、2点あります。
お使いのパソコンに①無線LANが内蔵されていない②内蔵されている無線LANが古い規格のため最新の規格にして使用したい場合です。

お使いのパソコンを無線化したい、最新の無線LANの規格にして、無線LANの速度を上げたいという方は、無線LAN子機の購入をおすすめします。

価格も書いていますが、できるだけ最新の最安値の価格を載せています。
価格コムの価格と比較対象としてAmazonと楽天の価格を掲載しています。無線LAN子機の価格に関して、Amazonはほとんどの製品で最安値となっています。



なお、無線LANルータ親機中継機の比較をご覧になりたい方は、こちらの記事をご参照ください。

 IEEE802.11ac対応無線LAN ②IEEE802.1ac 433Mbps/150Mbps

全部で8製品あります。2つの表に分けてご紹介します。

表(1/2)


会社名 エレコム IODATA
型番 WDC-433DU2HBK WHG-AC433US WN-AC433UA WN-AC433UK
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
速度 5GHz 433Mbps
2.4GHz 150Mbps
対応
OS
Windows
Mac
インタフェース USB2.0 USB2.0 USB2.0 USB2.0
価格コム最安値(税込)
(2016/3/3更新)
2,236円
(価格コム)
8,035円
(価格コム)
2,288円
(価格コム)
2,209円
(価格コム)
Amazon価格(税込)
(2016/3/3更新)
2,116円
(Amazon)
8,414円 
(Amazon)
2,288円
(Amazon)
2,209円
(Amazon)
楽天最安値(税込)
(2016/3/3更新)
2,450円
(楽天)
8,290円
(楽天)
2,412円
(楽天)
2,280円
(楽天)
発売日 2014/3  2014/12 2013/11 2013/5


表(2/2)


会社名 NETGEAR PLANEX バッファロー
型番 A6100-100JPS GW-450D2 GW-450D KATANA WI-U2-433DM
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
速度 5GHz 433Mbps
2.4GHz 150Mbps
対応
OS
Windows
Mac
インタフェース USB2.0 USB2.0 USB2.0 USB2.0
最安値(税込)
(2016/3/3更新)
2,480円
(価格コム)
2,182円
(価格コム)
2,480円
(価格コム)
2,582円
(価格コム)
Amazon価格(税込)
(2016/3/3更新)
2,816円
(Amazon)
2,182円 
(Amazon)
2,654円
(Amazon)
2,390円
(Amazon)
楽天最安値(税込)
(2016/3/3更新)
2,987円
(楽天)
2,280円
(楽天)
2,700円
(楽天)
2,582円
(楽天)
発売日 2013/11  2015/11 2013/9 2013/7



おすすめの無線LAN 子機は?





この製品群からおすすめはありません。


1つ上のランクの866Mbps (5GHz) の無線LAN子機、
PLANEXGW-900D-BKをおすすめします。
理由は、価格です。

この製品群から選んでも安くて約2,200円。1つ上のランクのPLANEXのGW-900D-BKは、約2,800円です。その差たったの600円です。

少しだけ高いお金を払って、上のランクの無線LAN子機を手に入れたい場合は、PLANEXのGW-900D-BKがおすすめです。

◆Amazonでの購入はこちらから

PLANEX 無線LAN子機 (USB3.0アダプター型) 高速モデル 11ac/n/a/g/b 866Mbps MacOS X10.8/10.7/10.6対応 ブラック GW-900D-BK



(1) 1300Mbps (5GHz) / 600Mbps(2.4GHz)
(2) 866Mbps (5GHz) / 300Mbps(2.4GHz)
の無線LAN子機のご紹介は、下記の記事をご参照ください。

無線LANルータ子機の選び方 2016年1月版(①IEEE802.11ac 1300-866Mbps/600-300Mbps)







テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

無線LAN子機の選び方とおすすめ 2016年1月版(①IEEE802.11ac 1300-866Mbps/600-300Mbps)

 
無線LAN(wifi) 子機の選び方 製品比較

無線LAN 子機の製品を2回に分けてご紹介します。

紹介する無線LAN子機は、最新の規格IEEE802.11ac対応の製品です。
現時点で最も通信速度が速い規格です。そして、同じ最新の規格でもいくつか速度帯が分かれています。現時点では、以下の速度帯に分かれています。

(1) 1300Mbps (5GHz) / 600Mbps(2.4GHz)
(2)  866Mbps (5GHz) / 300Mbps(2.4GHz)

(3)  433Mbps (5GHz) / 150Mbps(2.4GHz)

そして、今回ご紹介するのは(1)と(2)の速度帯の無線LAN子機の製品です。

(3)の速度帯の無線LAN子機は、下記の記事でご紹介しています。

無線LAN 子機の選び方 2016年1月版(②IEEE802.11ac 433Mbps/150Mbps)


無線LAN子機が必要になる場合は、2点あります。
お使いのパソコンに①無線LANが内蔵されていない②内蔵されている無線LANが古い規格のため最新の規格にして使用したい場合です。

お使いのパソコンを無線化したい、最新の無線LANの規格にして、無線LANの速度を上げたいという方は、無線LAN子機の購入をおすすめします。

価格も書いていますが、できるだけ最新の最安値の価格を載せています。
価格コムの価格と比較対象としてAmazonと楽天の価格を掲載しています。無線LAN子機の価格に関して、Amazonはほとんどの製品で最安値となっています。



なお、無線LANルータ親機中継機の比較をご覧になりたい方は、こちらの記事をご参照ください。

 IEEE802.11ac対応無線LAN ①IEEE802.11ac 1300-866Mbps/600-300Mbps

全部で8製品あります。2つの表に分けてご紹介します。


注意点
購入する前にご使用のパソコンがUSB3.0をサポートしているかご確認ください。

無線LAN子機がサポートしているUSBポートは、2.0と3.0の2タイプあります。USBの転送速度に違いがあってUSB2.0が480Mbps、USB3.0が5Gbpsです。今回取り上げている無線LAN子機の通信速度は、866Mbpsです。USB2.0で使用すると480Mbpsの速度が抑えられてしまいます。もしUSB2.0しかないようでしたら、もう一つ下の速度帯の無線LAN子機からお選びください。こちらの記事に比較表を記載していますのでご覧ください。

表(1/2)


会社名 ASUS PLANEX
おすすめ
NETGEAR
型番 PCE-AC68 USB-AC56 GW-900D-BK A6210-100JPS
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
速度 5GHz 1300Mbps 866Mbps
2.4GHz 600Mbps 300Mbps
対応
OS
Windows
Mac
インタフェース PCI Express USB3.0 USB3.0 USB3.0
価格コム最安値(税込)
(2016/3/3更新)
9,158円
(価格コム)
5,939円
(価格コム)
2,874円
(価格コム)
5,280円
(価格コム)
Amazon価格(税込)
(2016/3/3更新)
9,180円
(Amazon)
5,939円 
(Amazon)
2,874円
(Amazon)
5,280円
(Amazon)
楽天最安値(税込)
(2016/3/3更新)
9,180円
(楽天)
6,534円
(楽天)
- 6,600円
(楽天)
発売日 2014/4  2014/3 2015/4 2014/12


表(2/2)


会社名 バッファロー エレコム NEC IODATA
型番 WI-U3-866D WDC-867U3 AtermWL900U PA-WL900U WN-AC867U
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
速度 5GHz 866Mbps
2.4GHz 300Mbps
対応
OS
Windows
Mac
インタフェース USB3.0 USB3.0 USB3.0 USB3.0
価格コム最安値(税込)
(2016/3/3更新)
3,944円
(価格コム)
4,907円
(価格コム)
5,480円
(価格コム)
3,495円
(価格コム)

Amazon価格(税込)
(2016/3/3更新)
3,900円
(Amazon)
4,180円 
(Amazon)
5,480円
(Amazon)
3,495円
(Amazon)
楽天最安値(税込)
(2016/3/3更新)
3,970円
(楽天)
5,225円
(楽天)
5,480円
(楽天)
3,580円
(楽天)
発売日 2014/2  2013/6 2013/5 2013/4


おすすめの無線LAN 子機は?




おすすめは、PLANEXGW-900D-BKです。理由は、価格と対応OS。

価格は、約2800円とリーズナブルな価格です。この製品群では一番安いです。
対応しているOSもWindows、Mac両方のOSをサポートしています。

リーズナブルな価格で無線LAN子機の速度を上げたいあなたには、是非おすすめです。



◆Amazonでの購入はこちらから

PLANEX 無線LAN子機 (USB3.0アダプター型) 高速モデル 11ac/n/a/g/b 866Mbps MacOS X10.8/10.7/10.6対応 ブラック GW-900D-BK





433Mbps (5GHz) / 150Mbps(2.4GHz)の速度帯の無線LAN子機は、下記の記事でご紹介しています。

無線LAN 子機の選び方 2016年1月版(②IEEE802.11ac 433Mbps/150Mbps)








テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事