NAS SambaでアクセスできるiPhone iOSのアプリをまとめてみた

NAS Samba対応(445番ポート)のiPhone iOSアプリ
8つのアプリを試してみた

iPhone iOS アプリでNASへアクセス出来るものをいろいろ使って見ました。全部で8つ試しましたのでまとめてみます。

NASへアクセスするプロトコルは、Samba 445番ポートです。無料版のみご紹介します。

ご紹介するポイントは、①NASに接続できること写真が閲覧できること動画が閲覧できることデータをアップロードできること使いやすさをポイントにご紹介します。  

簡単に試した環境は、以下の通りです。無線LANルータに繋がっている外付けハードディスクがNASです。無線LAN経由でアクセスします。NASのIPアドレスは、192.168.11.1です。
Windows共有ファイルやSambaを使ってアクセスすることができます。



使用したiPhone iOSは、7.1.2です。

iPhoneからNASサーバへアクセスする方法は、以下の記事で取り上げていますのでご参考までに。

無線LANで外付けハードディスクにアクセスする方法(NAS)




◆試したアプリの一覧


1.File Explorer
2.Remote File Manager
3.Samba Client
4.iTransfer
5.Remote Files
6.Calcomp NAS
7.NAS File Explorer
8.NAS Viewer







ダウンロードはこちら

Apple store でsambaと検索するとトップで出てきます。レビュー数は、全てのバージョンで324件星4以上もあるので、客観的に人気ソフトなのではないでしょうか。

◆試した結果

①NASに接続できること:
②写真が閲覧できること:
③動画が閲覧できること:
④データをアップロードできること:
⑤使いやすさ :


◆コメント

 シンプルな作りで非常に快適で使いやすいです。複雑な設定不要で簡単に接続できますし、アップロードできます。写真の閲覧も指でスライドしながら見られるのでGOODです。 オススメです!


①NASに接続

NASのIPアドレスを入力するだけ。必要に応じてアクセス権であるユーザIDとパスワードを設定する。



②写真の閲覧


同一フォルダ内にある写真であれば、指でスライドするだけで次々と写真を閲覧することができる



④データのアップロード(バックアップ)

難しい操作なく手軽にできます。




なお、以前の記事でFile Explorerを取り上げていますので、下記からご参照ください。

【これは便利!】第3回 FileExplorerアプリ を利用して iPhoneから無線LANルータ経由でNASへアクセスする






ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、全てのバージョンで12件程度しかございませんが、星4以上もあります。使用している方々はおおむね満足といったところでしょうか。

◆試した結果

①NASに接続できること:
②写真が閲覧できること:
③動画が閲覧できること:
④データをアップロードできること:
⑤使いやすさ :


◆コメント

正直操作方法がFileExplorerとほぼ同じです!したがって、非常に快適で使いやすいです。同じく、複雑な設定不要で簡単に接続できますし、アップロードできます。写真の
閲覧も指でスライドしながら見られます。



①NASに接続

NASのIPアドレスを入力するだけ。必要に応じてアクセス権であるユーザIDとパスワードを設定する。FileExplorerと同じです。




②写真の閲覧


同一フォルダ内にある写真であれば、指でスライドするだけで次々と写真を閲覧することができます。こちらもFile Explorerと同じです。





④データのアップロード(バックアップ)

難しい操作なく手軽にできます。


なお、以前の記事でRemote File Managerを取り上げていますので、下記からご参照ください。

Remote File Managerを利用してiPhoneから無線LANルータ経由でNASへアクセスする






ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、0です。

◆試した結果

①NASに接続できること:
②写真が閲覧できること:×
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :×


◆コメント

結局、NASに接続できるだけでした。写真ファイルをタップしても何も反応しません。残念です。


①NASに接続

NASのIPアドレスを入力するだけ。ここは問題なくクリア。



無事、SAMBAサーバとして見えます。タップして接続してみます。



NASにあるフォルダ一覧が表示されました。



しかしながら、画像ファイルをタップしても何も反応しません。ここで試験を終了させていただきました。







ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、22件星4以上です。

◆試した結果

①NASに接続できること:×
②写真が閲覧できること:×
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :×


◆コメント

そもそも、無料版ではSAMBAの機能が使用できませんでした。ダウンロードして試験しないとわからなかったので、一応試験したリストには載せておきます。

SMB Network Device というものがあるのでタップすると、iTransfer Pro(有料版) じゃないと利用できないとメッセージが表示されます。その後、そっとアンインストールさせていただきました。








ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、0件でした。

◆試した結果

①NASに接続できること:
②写真が閲覧できること:
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :


◆コメント

NASへの接続は、IPアドレスを入力しなくても自動で見つけてくれました。ただ、写真の閲覧が一度ダウンロードしてから見るので手間がかかります。動画は見ることができず、データのアップロードも出来ませんでした。

①NASに接続

自動行ってくれます。Search computer on LAN をタップするとNASを見つけてくれます。




NASのフォルダ一覧です。





②写真の閲覧

画像のファイル名をタップすると、下にメニューが表示されるので、Downloadを選択します。




下にあるメニュのLocalをタップすると、Downloadした写真が表示されます。ファイルをタップすると写真が表示されます。









ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、0件でした。

◆試した結果

①NASに接続できること:×
②写真が閲覧できること:×
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :×


◆コメント

ManualでNASに接続を試みたのですが、接続することができませんでした。

①NASに接続

設定箇所です。





接続を試みても、Connect Fail!! と表示され、接続することができませんでした。







ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、0件でした。

◆試した結果

①NASに接続できること:×
②写真が閲覧できること:×
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :×


◆コメント

こちらもNASに接続することができませんでした。

①NASに接続

設定箇所です。



実際に接続を試みても、以下のメッセージが表示されてNASへの接続に失敗しました。
接続に失敗しました。他の接続方法を試すか、ユーザー名とパスワードを編集し、再試行してください。









ダウンロードはこちら

Apple Storeのレビュー数は、0件でした。

◆試した結果

①NASに接続できること:×
②写真が閲覧できること:×
③動画が閲覧できること:×
④データをアップロードできること:×
⑤使いやすさ :×


◆コメント

こちらもNASに接続することができませんでした。

①NASに接続

NASに接続ができない様子です。






今回試したアプリと試験結果を下記の表にまとめてみました。1.File Explorer2.Remote FIle Manager の2つが優秀でした。この2つのアプリは、操作方法がどちらも同じです。気に入った方をお選びいただければと思います。

パソコンで表の一覧を広げてみたい方は、こちらをご覧ください。


◆iPhone iOS NAS Samba アプリ 試験結果
1.
File Explorer
2.
Remote File Manager
3.Samba Client 4.iTransfer 5.Remote Files 6.Calcomp NAS 7.NAS File Explorer 8.NAS Viewer
①NAS接続 × × × ×
②写真閲覧 × ×
手間がかかる
× × ×
③動画閲覧 × × × × × ×
④アップロード × × × × × ×
⑤使いやすさ × - × × ×
コメント おススメ!! おススメ!!

今回も記事をご覧になっていただきまして、ありがとうございました。









テーマ:iPhone - ジャンル:コンピュータ

Remote File Managerを利用してiPhoneから無線LANルータ経由でNASへアクセスする




iPhone iOSアプリ Remote File Manager Free版
無線LAN経由でNASへアクセス。

今回は、iPhoneのアプリ、Remote File Managerを使用して、NAS(ハードディスク)へのアクセス方法、大事なデータのバックアップする方法を書いていきます。使用するプロトコルは、Samba(445番ポート)です。Sambaは、ネットワークにあるファイルを共有するために使用するものです。

NASのIPアドレスは、192.168.11.1です。iPhoneにインストールしたRemote File Managerから192.168.11.1に設定してNASへアクセスします。






このアプリは、iPhoneからファイルサーバへ接続してデータをアップロードしたり、ダウンロードしたり出来るアプリです。NAS以外にもクラウドに対応しています。くrストレージサービスは、一通り使用できるようです。(Dropbox、Googleドライブ、OneDrive、box)





Remote File Managerをインストールする

Remote FIle Managerはこちらからインストールしてください。







1.NASへ接続する
まずは、iPhoneからRemote File ManagerでNASへアクセスします。
Remote FIle Managerを開きます。





をタップします。




Sambaを利用するので、Network Share を選択します。





NASのIPアドレスを入力します。当環境では、192.168.11.1となります。

IPアドレスを設定したら、Saveをタップします。





NETWORK SHAREの下にNASが出来上がりました。
アクセスできるかどうか試してみます。192.168.11.1をタップします。



NASにID,パスワードなどアクセス権を設定している場合は、ここで入力します。当環境では、以下の通りでした。
ID:guest
pass: なし





NASへのアクセスに成功すると、NASにあるフォルダ一覧が表示されます。





2.NASにある写真を見てみる

NASに保存している写真一覧のフォルダを開いてみて写真を見てみます。



写真を開くと、指でスライドしながら写真を見ることができます。




3.動画を見てみる

先ほどの写真を見たのと同じ要領で動画ファイルをタップします。iPhoneで撮った動画ファイル、.MOVファイルは再生することができました。




しかし、デジタルビデオカメラで撮った.MTSファイルは開きませんでした。
What's New in Paid Version ?というメッセージが表示されます。有料版(Paid Version)なら再生できるかも?しれません。






4.データをNASへアップロード(バックアップ)する

Photo Library
をタップします。このとき、Remote FIle Managerが写真へのアクセスを求めています、



Camera Roll をタップします。






アップロードしたい写真をタップして選択します。
続いて、Uploadボタンをタップしてアップロードをします。




データをアップロードしたいフォルダを選択します。決まったら、Saveをタップします。






アップロードが完了すると、Finishedとなります。うまく行かない場合は、Failed などのメッセージが表示されます。







無料版で追加できるバックアップ先は、1つだけ



バックアップ先にNETWORK SHAREが登録されている状態で+ボタンをタップして、
もうひとつバックアップ先を増やそうと試みてみます。




What's New in Paid Version ?というメッセージが表示されました。有料版であれば、さらにバックアップ先を追加できるようです。



ちなみに有料版は、600円です。





まとめ

今回は、Remote File Manager 無料版を利用して、無線LAN経由でNASへアクセスする方法をお伝えしました。自宅の無線LAN環境にいれば、いつでも写真のバックアップ、閲覧ができるので非常に快適で便利だと思いました。使い勝手もいいですし、いまのところ切断などなく安定して使用できています。

なお、このRemote File Managerと似たようなアプリで、FileExplorerというものがございます。操作方法は、ほぼ同じです。どちらも使いやすく、安定しているので快適です。過去にFileExplorerの記事を取り上げていますのでよろしければご参照ください。

【これは便利!】第3回 FileExplorerアプリ を利用して iPhoneから無線LANルータ経由でNASへアクセスする

記事をご覧になっていただきましてありがとうございました。









テーマ:iPhone - ジャンル:コンピュータ

RealTimes Chromecast対応 動画再生アプリ (iPhone iOS)


Real Player CLOUDからRealTimesに名前が変更。

今回は、RealTimesアプリを利用して、iOS7.12のiPhone5sからChromecastを使用してみます。
RealTimesアプリは、iPhoneに保存されている動画をChromecastを使ってテレビに映し出すことができます。また、RealTimesは、クラウド機能に対応しています。クラウド機能を利用すれば、パソコンに保存されている動画もChromecastでテレビに映し出せます!



ダウンロードはこちら


なお、RealTimesアプリは、2015年5月中旬頃までReal Player CLOUDという名前でした。
当ブログでもこちらの記事で紹介しています。
変更になった点をいろんなサイトで見てみると、クラウド機能が強化されているようです。具体的には、①写真の対応②自動アップロードの機能です。

①写真の対応について、今までは動画にしか対応していませんでしたが、写真も対応になりました。ただし、Chromecastを使ってテレビに映し出すことが現時点では出来ないようです。将来対応予定?

②自動アップロードは、iPhoneなどスマートフォンで撮影した写真・動画が自動的にクラウドへアップロードされるようです。自動でアップロードされるので、勝手にクラウドへバックアップをしてくれるというわけです。iPhoneだったらiCLOUDにも同じ機能がありますが、こちらは、写真・動画に特化している、ということになります。

RealTimesのクラウドのストレージ容量は、2GBまでが無料25GBまでが月額499円無制限が月額999円となります。iCLOUDは、20GBの場合月額100円なので少し割高です。ただ、500GBで月額1200円もかかるので、大容量にクラウドを利用したい方にとってはリーズナブルな料金といえそうです。


RealTimesアプリを使用してiPhoneに保存されている動画をChromecastを使ってテレビに映し出す

まずはじめにアカウント登録をする


RealTimesを利用するためには、アカウント登録をする必要があります。アカウント作成をタップして、アカウント作成をしてください。アカウント作成が完了すれば、RealTimesが利用できるようになり、2GBの無料クラウドスペースがもらえます。



RealTImesアプリをChromecastに接続する


iPhoneからRealTimesのアプリを開きます。




Chromecastボタンをタップして、RealTImesアプリの動画がテレビに映るようにします。


Chromecastに接続すると、Chromecastのアイコンが水色になります。





iPhoneに保存されている動画を再生する。

下にある写真と動画をタップします。




上のメニューをタップして、このiPhoneをタップします。




再生したい動画をタップします。




Chromecastがテレビに映し出すために動画を最適化していますので、少し待ちます。







動画が再生されました。しかし、42型のプラズマテレビで再生すると動画が潰れてしまって、見づらい感じになってしまいます。(これは、Real Player CLOUDでも同じでした。)
これを回避するには、一度クラウドへアップロードしてから動画を再生することです。やり方は、続きをご覧ください。



RealTimesアプリ クラウドにある動画を再生する。
iPhoneに保存されている動画を再生したときに動画が潰れてしまう問題を回避する

iPhoneに保存されている動画をクラウドにアップロードする。


・・・ボタンをタップして、アップロード・ダウンロードを選択します。






アップロードしたい動画を選択して、アップロードをタップします。





動画がアップロードされます。100%になったらアップロード完了です。





RealTimesのクラウドにある動画を再生する

上にあるメニューからReakCloudをタップします。



クラウドにある動画が表示されます。再生したい動画をタップします。




テレビに映し出された様子です。iPhoneの動画にように縦長となりますが、潰れていないので見やすいです。



RealTimesアプリ Chromecastを使って写真をテレビに映し出せる?
こちらはまだ未対応。

RealTimesアプリからiPhoneに保存されている写真が表示されますので、それをタップすると以下のポップアップ画面が表示されます。まだ現時点では未サポートのようです。将来的にサポートの模様。期待して待ちたいと思います。

UNSUPPORTED FORMAT

Casting of Photos is currently not supported. Comming soon




まとめ

iPhoneに保存されている動画をテレビに映し出すアプリ、RealTimesをご紹介しました。

テレビ画面に表示したときに動画が潰れてしまうのが残念でしたが、クラウドにアップロードすれば回避することがわかりました。

最後に④iPhoneに保存されている写真・動画をテレビに映し出すアプリ の記事で機能をまとめたように、RealTimesでも記載してみます。

RealTimes
写真機能 -
  スライドショー -
  写真のめくり方 -
動画機能
  備考 テレビ画面全体に表示。
少し潰れた感じがする
バックグランド

記事をご覧になっていただきましてありがとうございました。








テーマ:動画 - ジャンル:コンピュータ

第2回② FUJIFILM Photo Receiver 無線LANを使って写真をiPhoneで見てみる(デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1)

デジタル一眼カメラ X-A1のiPhone用アプリ Photo Receiverを利用してみる
今度はiOS8で試してみる。しかし、うまく接続できない?

前回の記事では、iOS7.12のiPhone5sからデジタル一眼カメラに接続するアプリ、FUJIFILM Photo Receiver を利用してみましが、うまくいきませんでした。

そこで今回は、iOS8iPhone6から試してみました。しなしながら、、今回もうまくいきませんでした。




利用した環境は、以下の通りです。

iPhone iOS :8.0
PhotoReceiver:: 2.1.1(2014/9/16)


接続できません のエラーが表示されて接続に失敗する

iPhoneとデジタル一眼カメラの設定した内容は、前回の記事と同じです。
ここでは、iPhoneとデジタル一眼カメラで無線LANの接続は完了しています。

iPhoneからFUJIFILM PhotoReceiverのアプリを起動させて、
接続するをタップします。






接続中となります。暫く待ちます。






デジタル一眼カメラは、無線LANでiPhoneが接続しにきたことを認識して、下記の通りになります。
MENU OKボタンを押します。





iPhoneの画面を見ると、接続できません カメラ側で使用する機能を確認してくださいと表示されて、失敗してしましました。前回の記事で記載したiPhone7.12と同様、全く同じ個所、同じエラーでした。





まとめ

結局、iPhone iOS7.12、iOS8の両方で試してもうまくいかなかったので、iOSの問題ではないようです。設定内容かアプリに問題があるか、かと考えられます。一応この件は、FUJIFILMに問い合わせをしてみたいと思います。









テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

PhotoSync がNASへのバックアップに対応しているもの(iPhone iOS)

さまざまなバックアップ先に対応しているPhotSync。
NASへのバックアップに対応しているものは?(iPhone iOS版)



PhotoSyncのインストールは、こちらから。

【PhotoSync フォトシンク】 400円
https://itunes.apple.com/jp/app/fotoshinku-photosync-xie-zhenyabideowowaiyaresu/id415850124?mt=8

PhotoSync は、スマホに保存している写真をバックアップするソフトです。バックアップ先は、パソコン、スマートフォン、クラウド、NASなど多岐に渡ります。400円と有料ですが、非常に使い方やすく何より自動バックアップが素晴らしいです。私のお気に入りアプリです。 400円分の価値は十分あると思ってます。

PhotoSyncの記事は、こちらに取り上げてますのでご参考までに。

【iPhoneの写真を自動でバックアップ!】自宅に到着したことをトリガーに自動で写真をバックアップしてくれるPhotoSyncが素晴らしい!

【iPhoneの写真を自動でバックアップ!Part2】第5回 自宅に到着したらGoogleDriveへ自動でアップロードを試してみる

さて、本題のNASに対応しているものは、WebDAV のみとなります。 残念ながら2015/5/16時点のバージョン(v3.00)では、windows共有、sambaなどは対応していません。
私の環境のNASは、USBストレージをバッファローの無線LANルータに指して使っています。(こちらの記事で取り上げています)アクセスする方法は、sambaとなりますので、PhotoSync ではアクセスすることができません。  

この場合、PhotoSyncを使ってNASへバックアップする方法は2つあります。

一つ目は、FTPサーバを使う方法です。
PhotoSync が対応している他のプロトコルを見てみると、FTPサーバ対応しています。そこで、どうしてもPhotoSyncを使ってバックアップ環境を快適にしたかったのでWindows8.1のパソコンをFTPサーバにしました。 FTPサーバが保存するディスク先は、前述した無線LANに指してあるNASです。NASのディスク領域をwindowsのネットワークドライブとして定義しました。もしNASがFTPサーバに対応しているのでしたら、このようにパソコンをFTPサーバにする必要はありません。

2つ目は、パソコンへバックアップをする方法です。
FTPサーバを用意するのが面倒、よくわからないといった場合は、パソコンのディスク先へのバックアップは、PhotoSyncは対応しています。そのためには、Windows用のソフトウエアをインストールする必要があります。ソフトウェアを使ってバックアップ先をNASにしておけば、PhotoSyncを使ってNASへバックアップすることができます。

PhotoSyncを使ってNASへバックアップする方法となります。皆様のご参考になれば幸いです。









テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第2回① FUJIFILM Photo Receiver 無線LANを使って写真をiPhoneで見てみる(デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1)

デジタル一眼カメラ X-A1のiPhone用アプリ Photo Receiverを利用してみる
しかし、うまく接続できない?(iOS7.12)

今回は、iPhoneからデジタル一眼カメラに接続するアプリ、FUJIFILM Photo Receiver をお伝えします。しかしながら、結論から申し上げて今回はうまくいきませんでした。




このアプリを使えば、iPhoneからデジタル一眼カメラの写真を見ることができます。iPhoneとデジタル一眼カメラの接続は、無線LANとなります。デジタル一眼カメラが無線LANの親機となって、スマートフォンが子機になります。親機がデジタル一眼カメラなので、無線LANルータがなくても接続することができます。従って、外出先でも無線LANで接続して写真を見ることができるはずでした。





しかしながら、冒頭の通り、私の環境では写真の閲覧ができませんでした。利用した環境は、以下の通りです。

iPhone iOS :7.12
PhotoReceiver:: 2.1.1(2014/9/16)


無線LANの接続は、うまくいっているように思えますが、接続の後に切断されてしまいました。
このアプリの利用はうまく出来ませんでしたが、使い方とうまく行かなかった箇所について、下記に取り上げます。


まずはアプリのインストール。

カメラの設定

Iphoneの設定

iPhoneアプリ PhotoReceiverのインストール

以下のリンクからインストールすることができます。

ダウンロードはこちら




デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1の設定

デジタル一眼カメラの電源をONにしたら、背面にある再生ボタンを押します。



カメラの上部にあるFnボタンを押します。




スマートフォンで画像を閲覧を選択してMENU OKボタンを押します。




この画面になったら、MENU OKボタンを押して、モードを変更します。



先のモードでは、画面下の表示がアプリ内の「カメラ内閲覧」を選択してくださいでしたが、
の「接続する」を押してくださいに変わっています。この画面になったら、次にiPhone側の準備をします。





iPhone デジタル一眼カメラの親機に無線LANで接続する

iPhoneの設定をタップします。




Wi-Fiをタップします。









Wi-FiをONにして、ネットワークを選択の箇所に表示される、FUJIFILM-X-A1-5...を選択します。








これで、iPhoneは、無線LANでデジタル一眼カメラに接続ができました。



iPhone PhotoReceiverを使用して接続する


PhotoReceiver をタップします。





接続するをタップします。




再びデジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1の設定

下記画面が表示されたら、MENU OKボタンを押します。



接続した結果


結果、接続できません カメラ側で使用する機能を確認してください と表示され、写真を見ることができず、無線LANも切断されてしいます。



まとめ

上記の流れで10回以上、接続を試みましたが、同じエラーで接続することができませんでした。iPhoneのiOS(7.1.2)のバージョンが悪かったのでしょうか。PhotoReceiverのバージョンは最新なので、あとはiOSを変更するしか問題の切り分けができません。幸い、iOS8のiPhoneがありますので、次回はそれで試したいと思います。→(2015.5.17追記)以下の記事でiOS8で試してみました。結果、今回同様、同じエラーでうまくいきませんでした。

第2回② FUJIFILM Photo Receiver 無線LANを使って写真をiPhoneで見てみる(デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1)

記事をご覧いただきありがとうございました!











テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第1回 無線LANを使って写真をPCへ転送する(デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1)

デジタル一眼カメラの無線LAN機能を使えば、SDカードの差し替えやケーブルを使わなくても、データをパソコンへ転送・保存ができる!

FUJIFILM デジタル一眼カメラを購入したので、その無線LAN機能を使って写真をパソコンへ保存する内容をお伝えします。



最近のカメラ製品は、無線LAN対応のものが多くなってきました。無線LANの設定は、めんどくさい、よくわからないと思うかもしれません。ただ、手順通りに設定を行えばそんなに難しいことはございません。無線LANの機能を利用すれば、SDカードの差し替えといった手間がなくなるのです。ですので、この機能を利用しないわけにはいきません!

写真を転送するイメージは、デジタル一眼カメラを無線LANルータに接続、そして無線LANでパソコン(PC)へコピーをします。



なお、似たような記事で過去に無線LAN対応のSDカードを取り上げています。こちらは、カメラ自体は無線LANに対応していなくても、SDカードに無線LAN機能が搭載されていますので、無線LANを使ってデータを転送することができます。

無線LAN対応 SDカード Eye-Fi Mobiカードがすごい!第1回は、Eye-Fi Mobiカードの特徴をお伝えします。

必要なこと

デジタル一眼カメラ X-A1の無線LAN機能を利用するには、以下の設定が必要です。

①パソコン:専用ソフトウェア  PC AutoSaveをインストールする
②デジタル一眼カメラ X-A1:無線LANの設定






①パソコン 専用ソフトウェアのインストール FUJIFILM PC AutoSave

デジタル一眼カメラ X-A1 の無線LAN機能を使って写真をパソコンへ保存するには、FUJIFILM PC AutoSaveのインストールが必要です。以下のリンクからダウンロードできます。

「FUJIFILM PC AutoSave」をダウンロードしてインストールする


ダウンロードしたら、PCAutoSaveSetup.exeを実行してインストールをします。インストール自体は、プログラムをインストールする場所を選ぶだけなので、難しいことはございません。





②デジタル一眼カメラ X-A1 無線LANの設定

無線LANの設定をするには、デジタル一眼カメラ X-A1と、先ほどパソコンにインストールしたPC AutoSaveの両方必要となります。

パソコン PC AutoSave (Windows8.1)


デスクトップ右下のタスクバーからPC AutoSaveをクリックします。




PC保存先設定をクリックします。






設定方法は、WPSを利用した簡単設定と手動設定2つあります。今回は手動設定を選択します。なお、WPSの簡単設定では、無線LANルータのWPSボタンを押すだけで無線LANの設定ができます。





下記の画面になったら、今度はデジタル一眼カメラ側の設定をしていきます。






デジタル一眼カメラ X-A1


デジタル一眼カメラの背面にあるMENU OKボタンを押して設定画面を表示させます。




赤い四角あるボタンを押して、メニューを移動させます。




メニュー番号の設定3まで行くと、無線LANの設定があります。PC保存先設定を選択してMENU OKボタンを押します。





手動設定を選択してMENU OKボタンを押します。







無線LANルータ選択を選択してMENU OKボタンを押します。




無線LANルータ のSSIDを選択します。SSIDとパスワードが分からない場合、無線LANルータ本体の付近を見てみてください。

私が購入したバッファロー WZR-1750DHP2では、本体の下にありました。以前、記事として取り上げていますのでこちらをご参照ください。)





パスワードを入力します。





SSIDとパスワードの入力がうまくいくと、PCサーチ中となり、無線LANルータを経由してPC AutoSaveが準備されているパソコンを探し始めます。




パソコンが見つかると、PC保存先登録 OK?  と表示されます。MENU OKボタンを押します。続いてパソコン側の設定になります。




パソコン PC AutoSave


デジタル一眼カメラの無線LAN設定が終わると下記のようになります。OKをクリックして終了します。




写真の保存先を変更するには、保存先を変更するをクリックします。





デジタル一眼カメラ X-A1

パソコン側が完了すると、デジタル一眼カメラ X-A1の画面では登録完了と表示されます。これで設定が完了です。






無線LANを使ってパソコンに写真をコピーする

デジタル一眼カメラの背面の赤い四角にあるボタンを押して、再生モードにします。




MENU OKボタン
を押して再生メニューを表示させます。






再生メニューの2にある、PC保存を選択してMENU OKボタンを押します。






先ほど設定したパソコン(PC)の名前が表示されます。選択してMENU OKボタンを押します。









PCサーチ中となります。ほんの少しだけ待ちます。






PC保全開始OK?
が表示されたら、準備完了です。MENU OKボタンを押します。
これでコピーが開始されます。





パソコンの画面を見ると、コピーを開始しています。コピーが完了するとPC AutoSaveの吹き出しがなくなります。




一度パソコンへコピーした写真は、再びコピーされない。
まだコピーしていない写真だけがパソコンにコピーされる

新たに写真を撮って無線LANを使ってパソコンにコピーする場合、カメラにある写真が全部コピーされるのか、新たな写真だけコピーされるのか試してみました。結果、新たな写真だけがコピーされることがわかりました。

一度パソコンへコピーした後、1枚だけ写真を撮りました。デジタル一眼カメラには852枚の写真があって1枚だけ新しい写真が保存されています。

パソコンへのコピーを開始すると、デジタル一眼カメラは、一度保存されている写真をすべて確認して、まだパソコンへコピーしていない写真を探します。今回のケースでは、デジタル一眼カメラには852枚写真があるので、852枚確認することになります。余談ですがこの確認する速度はそんなに遅くはないものの、枚数が多くなると時間がかかります。パソコンへコピーするたびにこの確認を実施してしまうので、少し煩わしい感じがします。そうならないためにも、パソコンへコピーした写真は、こまめに消すほうがいいと思います。



探した後、まだコピーしていない新たな写真だけパソコンへコピーされます。今回のケースでは新しい写真は1枚なので、1枚だけコピーされます。



まとめ

今回は、FUJIFILM デジタル一眼カメラX-A1にある無線LAN機能を使って写真をパソコンへコピーする内容をお伝えしました。SDカードの差し替えやケーブルをつないでパソコンへコピーするよりも無線LANを使ったほうが手間がなくて快適だと思います。

なお、この無線LANを使ったコピーは、パソコンだけでなくスマートフォンでも出来るようです。次回はその様子をお伝えします。

記事をご覧になっていただきまして、ありがとうございました。

第2回 FUJIFILM Photo Receiver 無線LANを使って写真をiPhoneで見てみる(デジタル一眼カメラ FUJIFILM X-A1)











テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事