第1回 ネットワークカメラ スマカメ Planex:CS-QR10を購入

さっそく、ネットワークカメラを購入しました。

選んだのはこれです。

PLANEX ネットワークカメラ(スマカメ)マイク内蔵・iPhone/Android/Windows対応 CS-QR10




Planex スマカメ  CS-QR10です。
価格コムで最安値で掲載されていた、イー・トレンドで購入しました。6,832円(税込)です。

ちなみに、ネットワークカメラの金額は、6,000円 ~ 320,000円でした。
高額なものは、防犯用で画素数が高く、夜撮影もOKだったりするようです。

今回は、綺麗に映る、動きがよく見えるとかは、求めませんでした。初めて買うものなので、とりあえず最低限の求めている機能があればいいと思いました。私が求める最低限の機能とは、無線LANに対応していることです。購入するうえでひとつ気になった機能は、グローバルIPが不要ということです。つまり自宅のインターネット回線にグローバルIPがない場合でも、外出先からスマートフォンのアプリを使用して、自宅の中にあるスマカメにアクセスできるようなのです。この仕組みは、
第6回 外出先から自宅の中にあるスマカメにアクセスするのときにお伝えします。

では、箱を開けてみます。



左から、説明書、電源アダプタ、本体、本体を固定するネジとなります。


次回は、スマカメの設定をしていきます。












テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第2回 ネットワークカメラを設定してみる【スマカメ(Planex:CS-QR10)】

簡単セットアップが可能なネットワークカメラ スマカメを設定していく
今回は、ネットワークカメラ、スマカメの設定をしていきます。スマカメの設定は、大きく2つあって、①スマカメを無線LANにする、②スマートフォンの専用アプリを設定する となります。今回は、①のスマカメを無線LANにするをお伝えします。

ちなみに、我が家でネットワークカメラを入れた理由は、外出先からスマートフォンを利用して犬を見守りたいからです。

自宅ネットワーク全体イメージ
 
組み立てと設定

(1) さっそく、組み立てます。ネジ、台、本体を取り付けます。ドライバーは不要なので簡単です。






(2)組み立ては、完了です。大きさは、かなり小さいです。参考までにマウスと比べてみます。







(3)角度を変えることが出来ます。






(4)続いて、配線です。配線は、ネットワークカメラと電源をつなげるだけです。






(5)画像の通り、青色になっていれば、OKのようです。




(6)続いて、ネットワークカメラを無線LANに組み込みます。無線LAN簡単セットアップである、WPSを利用します。
WPSがよくわからない方は、下記を参照ください。

WPSとは、簡単に無線LANをセットアップする仕組みです。無線LANルータと参加する無線LAN端末の1分30秒の間にWPSボタンをお互い押すだけで無線LANが利用できるようになります。パソコンなどでは、SSIDを見つけて、パスワードを入力してということをしましたが、プリンタのような端末では細かい入力ができないため、規格化されたものようです。今回は、無線LANの設定にこのWPSボタンを利用します。また、パソコンも補助的な役割で利用します。




(7)ネットワークカメラのWPSボタンを押します。





(8) 1分30秒以内に無線LANルータ側のWPSボタンを押します。私の環境では、バッファローWRZ-1750DHP2なので、そちらのWPSボタン(※バッファローはAOSSボタン)を押します。





残りは、スマートフォンの専用アプリの設定となります。その模様は、次回にお伝えします。

第3回 ネットワークカメラ スマカメを設定してみる【iPhone5s スマカメ専用アプリ】










テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第3回 ネットワークカメラ スマカメを設定してみる【iPhone5s スマカメ専用アプリ】

簡単セットアップが可能なネットワークカメラ スマカメを設定していく(スマカメ専用アプリ)

今回は、スマートフォンからスマカメ専用アプリを設定していきます。スマカメの設定は、大きく2つあって、①スマカメを無線LANにすると、今回の②スマートフォンの専用アプリを設定する となります。前回は、①のスマカメを無線LANにするをお伝えしました。
使用するスマートフォンは、iPhone5s iOS7、スマカメのソフトウェアのバージョンは、1.0.5です。

自宅ネットワーク全体イメージ
 

設定をする
(1) App Store をタップします。





(2)スマカメで検索します。



(3)スマカメが表示されますので、インストールをします。









(4)インストールが終わったら、スマカメ のアプリをタップして開きます。そうすると、下記の画面になります。
QRコード撮影をタップします。


(5)ネットワークカメラ スマカメの背面にあるQRコードを撮影します。







(6) QRコードが認識されると、カメラの追加画面になります。パスワードを入力してOKをタップします。







パスワードは、ネットワークカメラ スマカメの背面に記載されています。Password のところです。






(7) 下記の画像が表示されれば、完了です。



(8) 簡単にネットワークカメラの状況を確認してみます。スマカメのアプリをタップして開きます。
さっそく見えました。カメラ越しに我が家の犬がソファーでくつろいでいる様子がわかります。見た目の動作について、もっとカクカクしていることを想像していたのですが、そんなことはありません。思ったより滑らかに動作している様子がわかります。
なお、スマカメが拾った音声を聞きたい場合は、右下にある聞くをタップします。若干ノイズはありますが、ちゃんと聞こえます。3m先の普通のしゃべり声も聞こえました。





以上で今回は完了します。
次回は、スマカメから写真を撮影してみたいと思います。

第4回 ネットワークカメラ スマカメを使用して写真機能を利用する









テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第4回 ネットワークカメラ スマカメを使用して写真機能を利用する

スマートフォンからネットワークカメラ スマカメで犬の写真を撮ってみる


今回は、前回よりもう少し詳細にPlamexのネットワークカメラ、スマカメを利用してみたいと思います。具体的には、スマートフォンからスマカメのアプリを使用して、犬の写真を撮ってみたいと思います。自宅のネットワークのイメージは、以下の通りです。

スマートフォン ➡ 無線LANルータ ➡ ネットワークカメラ ➡ 犬 という流れです。


自宅ネットワーク全体イメージ
 

スマカメを犬の前に置いてみて、アプリから見てみる

まずは、ネットワークカメラのスマカメをソファーに置きます。










対象の我が家の犬は、スマカメを置いたソファーでくつろいでいます。








スマカメと犬の距離は、約1mといったところです。










スマートフォンからスマカメ アプリを立ち上げると、下記画像のように見えます。
少しの時間スマカメの画面を見てみたいと思います。









10分後、犬が近づいてきました。何か怪しいと感じたのでしょうか。









.....確実にスマカメの存在に気付いたようです。においを嗅いで確認しています。







スマカメの写真を撮影する機能を使用してみる


スマカメのアプリを立ち上げると、左下ある写真を撮影するをタップします。
何も音は鳴りませんが、これで写真が取れています。








続いて、写真を見てみます。写真を表示するをタップします。









アルバムの画面になります。撮影した写真がサムネイルで表示されます。
写真をタップします。








撮影した写真が拡大して表示されます。続いて、スマカメで撮影した写真をスマートフォンにダウンロードしてみます。









右上にある赤い□のマークをタップします。











写真を保存をタップします。










"スマカメ"が写真へのアクセスを求めています が表示されます。OKをタップします。
これで写真のダウンロードが完了です。








実際にスマートフォンへダウンロードした写真を見てみます。スマカメの画面で表示されている日時が写真の左上に表示されています。






次回は、スマカメで監視している映像を録画した内容をお届けします。

第5回 ネットワークカメラ スマカメを使用して映像を録画してみる











テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

第5回 ネットワークカメラ スマカメを使用して映像を録画してみる

スマートフォンからネットワークカメラ スマカメで映像を録画してみる

今回は、Plamexのネットワークカメラ、スマカメの映像を録画する機能をお伝えします。映像を録画したいときに便利です。録画の種類は、2つあります。1つ目は、連続して録画する機能、上書きして連続録画です。スマカメのスマートフォンアプリから「連続録画」と設定すると、その瞬間から録画をします。2つ目は、映像に動きがあったときに録画する機能、動体検知として連続録画です。たとえば、玄関をスマカメで監視している場合、誰か人が入ってきたらスマカメは動体として検知をして、その瞬間から録画を始めます。なお、映像を録画する場合には、micro-SDカードが必要となります。動画保存に必要なディスク容量は、Planex社のスマカメのサイトに記載があったので、載せておきます。

【Planex社のスマカメのサイト】
https://www.planex.co.jp/products/cs-qr10/
【動画保存時間】
2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
約12時間 約24時間 約48時間 約96時間 約192時間
※画像品質:中(解像度:640×480ピクセル、フレームレート:15フレーム/秒)の場合
ネットワークのイメージは、前回同様、スマートフォン ➡ 無線LANルータ ➡ ネットワークカメラ ➡ 犬 という流れです。

自宅ネットワーク全体イメージ

 

micro-SDカードを使用できるようにする


(1) micro-SDカードのスロットは、スマカメの背面から見て左側にあります。そこにmicro-SDカードを挿入します。






(2) スマートフォンからスマカメアプリを起動させます。右上のメニューを押して、カメラ設定をタップします。






(3) 詳細設定をタップします。







(4) SDカードのフォーマット をタップします。






(5) SDカードのフォーマット をタップします。
これでmicro-SDカードが使用できる状態になります。





上書きして連続録画を使用してみる

録画機能の2つのうち、連続録画をしてみます。これは、設定してすぐに映像を録画する機能です。

(6) 詳細設定の画面から録画モードをタップします。
詳細設定画面は、(1)~(3)の手順を参考にしてください。





(7) 上書きして連続録画 をタップして選択します。これで録画が開始されます。






(8) 録画した映像を再生してみます。一度Top画面に戻り、録画を再生するをタップします。






(9) 録画した映像の一覧が表示されます。見たい映像を選択するとアプリ上で再生されます。なお、写真の時と違ってスマートフォンへダウンロードすることは出来ませんでした。映像を保存するには、スマカメアプリからではなく、micro-SDカードをパソコンなど挿すなどして保存する必要があるようです。




動体検知と連動して連続録画を使用してみる

録画機能の2つのうち、連続録画をしてみます。これは、映像に動きがあったときに録画する機能です。

(10) 詳細設定の画面から動体検知をタップします。 詳細設定画面は、(1)~(3)の手順を参考にしてください。






(11) 動体検知の感度を選択します。今回は、最も感度が高い最高を選択します。






(12)録画モードをタップします。










(13) 動体検知と連動して録画をタップします。これで設定は完了です。







(14) スマカメが映像に動きがあって録画を開始した場合、スマートフォンに通知してきます。画像は、iPhoneの通知センターの画面です。






(15) 続いて、映像を再生してみます。録画を再生するをタップします。








(16) 記録された映像の一覧が表示されます。タップすると、映像が再生されます。
映像の一覧に表示されない場合は、スマカメが映像に動きがあったということ認識していないときです。






録画の再生について

スマホ版の録画の再生は、早送りも出来ないし、音も出ません。この点は少し不便かなと思いました。なお、パソコンで使用するWindows版は、同じく音はでませんが早送りは出来ます。もし、早送りをしたい場合、Windows版をご使用ください。スマホ版のアプリで録画した動画も再生できます。下記の記事で取り上げていますのでご覧になっていただければ幸いです。

第8回 Windowsベータ版 ネットワークカメラ スマカメ アプリで録画をしてみる
記事の真ん中あたりにある、【スマホ版で録画したデータを再生する】

動体検知の感度について

動体検知の感度について、今回は最高でしか試していませんが、犬がとことこ歩いているくらいで検知しました。寝ていた犬が起きて、水を飲む。スマカメは、その様子を動体検知して映像に収めていました。

次回は、外出先から自宅の中にあるスマカメにアクセスしてみたいと思います。

グローバルIPがなくても可能!第6回 外出先から自宅の中にあるスマカメにアクセスする









テーマ:無線LAN - ジャンル:コンピュータ

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事