iPhoneの live Photos(ライブフォト)をMacBookAirで再生してみた

iPhone6s/6s plus
生きている写真という言われているLive PhotoをMacBookAirで再生してみた

Live Photosとは?
2015年9月25日に発売されたiPhone6s/6s plusでは、Live Photos(ライブフォト)という新しいカメラ機能が追加されました。Live Photosとは、シャッターを押す1.5秒前後、合計3秒間の映像と音声を記録します。閲覧するときに写真の画面を強く押すと、3秒間動画のように動き出すのです。私個人としては、この機能はかっこよくてすごく大好きです。

MacBookAirで再生するには?

LivePhotosをMacBookAirで再生するには、以下の2点が必要です。


  1. iPhoneの写真をMacで閲覧できる状態にする 
  2. OS X を EI Captian 10.11 にアップグレードする

1.iPhoneの写真をMacで閲覧できる状態にする
iPhoneの写真をMacで閲覧するには、2点あります。①iCloudフォトライブラリを利用する、②iPhoneとMacをUSBでつないででコピーするです。

今回の記事では、①iCloudフォトライブラリーを利用してiPhoneの写真をMacで閲覧できるようにします。MacでiCloudフォトライブラリーを利用するには、iCloudの初期設定が必要です。これは、システム環境設定から行うのですが、具体的なやり方は、下記の記事をご覧ください。

MacBookAir iCloudの初期設定 (iPhone写真のバックアップ)

②のiPhoneとMacをUSBでつないでコピーする方法は、こちらの記事をご参照ください。


USBでMacBookAir にiPhoneの写真をコピーする


なお、Macで閲覧する他の方法としては、AirDropやiMessageがあるようです。(ただ、今時点でこの方法をざっくり試したのですが、うまくいきませんでした。再チャレンジしておしらせします。)

2.OS X を EI Captian 10.11 にアップグレードする
LivePhotosをMacで再生するは、OS XをEI Captianにアップグレードする必要があります。
【参考:Appleサイトより OS X El Capitanの新機能。】
http://www.apple.com/jp/osx/whats-new/
live-photo7



Live PhotoをMacBookAirで再生する。
利用するアプリケーションは、【写真】

Live Photosを再生するには、写真アプリケーションを利用します。なお、普通に写真を開くとプレビューが起動します。現時点ではプレビューではLivePhotosは再生できないのでご注意ください。

iCloudフォトライブラリの設定をする


写真のアプリケーションを起動します。

live-photo1

まずは、この写真のアプリケーションでiCloudフォトライブラリーを有効化します。

画面左上にある写真環境設定の順番にクリックします。


live-photo5

iCloudをクリックします。

live-photo6

まずは、iCloudフォトライブラリーを有効にします。

続いて、
オリジナルをこのMacにダウンロード もしくは、
Mac ストレージ最適化を選択します。

共有した写真をこのMacに保存するか、iCoudに保存するかの違いのようです。
live-photo7

念のためiPhone6のiCouldの設定確認をします。

設定 > iCloudの順番にタップします。

live-photo8


写真をタップします。

live-photo9

iCouldフォトライブラリーが有効になっていることを確認します。

live-photo10

以上で設定は完了です。

LivePhotosをMacで再生する

LivePhotosの写真のサムネイルにマウスカーソルを乗せるだけで、写真が動き出します!静止画だとうまく伝えられませんが、なんか次世代の写真みたいでかっこいいです。

live-photo2


ちなみに、LivePhotosの機能をOFFにするには、対象の写真を右クリックして Live Photo を切にすするをクリックします。反対にONにしたい場合は、Live Photoを入にするをクリックします。

live-photo3


なお、Live Photosに対応していない写真を右クリックしても Live Photoを入にする がグレーアウトしています。


live-photo4


おわりに

今回は、MacBookAirでLive Photosを再生するをお伝えしました。たった3秒間ですが、写真がぬるぬる動き出すという感じがしてかっこいいです。

ただ、使用してみて現時点で不満もありました。それはLive Photosのバックアップする方法がこの記事を書いている時点では、iCloudしかないということです。Live Photosの画像ファイルは、JPGとMovファイルの2つあります。このMovファイルが動きだす仕組みに役立っているということです。したがって、バックアップをするにはJPGとMovファイルをバックアップする必要があります。しかし、Googleフォトや他の写真バックアップツールを利用しても、Movファイルをバックアップすることができません。

Live Photos含めた iPhoneの写真やビデオのバックアップは、下記の記事でまとめてますので、ご覧頂ければと思います。


iPhoneの写真/ビデオをバックアップする方法をまとめてみる


Movファイルの取り出し方は、こちらの記事で取り上げていますのでご覧ください。


iPhone 動く写真 Live Photos。movファイルを見つる方法。



Live Photosのバックアップについては、個人的にもすごく必要な機能なのでこれからも調査をしていきます。

以上で今回の記事を終わりにします。
最後までご覧になっていただきまして、ありがとうございました。











テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

MacBookAir iCloudの初期設定 (iPhone写真のバックアップ)

MacBookAir iCloudの初期設定をご紹介

iPhoneの live Photos(ライブフォト)をMacBookAirで再生してみた の記事でお伝えした通り、iCloudフォトライブラリーを利用するために必要なiCloudの初期設定をご紹介します。
今回は、iPhoneで設定したiCloudと同じアカウントで設定をしていきます。

iCloudを活用することによって、iPhoneの写真のバックアップを手軽に行うことができますし、また他のデバイスで写真を共有するにもすごく便利です。是非ご活用ください。

設定方法
左上のリングマーク > システム環境設定の順にクリックします。

live-photo1

iCloudをクリックします。

live-photo2

iCloudのApple IDとパスワードを入力します。今回は、iPhoneと同じiCloudのアカウントにしますのでiPhoneで設定したiCloudのApple IDを入力します。

live-photo3

iPhoneのiCloudのApple IDは、
設定 > iCloud で確認できます。

live-photo3


iPhoneのデータをMacBookAirで利用するか選択します。iCloudではiPhoneの連絡先、カレンダー、リマインダー、Safariが共有できます。この共有の項目は後でも変更できますのでご安心ください。

Macを探すを使用 もここで選択します。この設定も後で変更することができます。

次へをクリックします。

live-photo4

別のアカウントでMacを探すを使用を有効にしていると下記の画面が表示されます。続けるをクリックします。

live-photo5


Macを探すの位置情報を許可します。不要な場合はキャンセルをします。

live-photo6

MacBookAirの管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

live-photo7


iCloudのキーチェーンを利用する場合、iCloudのパスワードを入力します。

live-photo9

6桁のセキュリティコードを入力します。

live-photo10

電話番号を入力します。iCloudのセキュリティコードを使用する時に利用するようです。不要な場合は、キャンセルをクリックsます。

live-photo10

以上で設定は完了です。これでiCloudが利用できるようになりました。
この設定を完了すれば、iPhoneやMacでも写真などのデータを共有できる、iCloudフォトライブラリが利用できます。

live-photo10


最後まで記事をご覧になっていただきまして、ありがとうございました!










テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

USBでMacBookAir にiPhoneの写真をコピーする

MacBookAir にiPhoneの写真をコピーする
この方法でも動く写真、LivePhotosがMacで再生することができます。

iPhoneの live Photos(ライブフォト)をMacBookAirで再生してみた の記事でお伝えした通り、
USBライトニングケーブルを使ってiPhoneの写真をMacにバックアップをして閲覧する方法をご紹介します。

すごく簡単です。

この方法を使えば、iPhone6s/6s Plusの新機能、 動く写真と言われるLivePhotosを再生することができます。

なお、今回の記事でご紹介するMacBookAirのOS Xは、EI Capitanを使用しています。

iPhone写真
設定方法

USBライトニングケーブルを使ってiPhoneとMacをつなげます。

すると、写真アプリが自動的に起動してきます。

あとは、iPhoneの写真をMacBookAirの写真アプリに取り込むだけです。下記の画像では、すべての新規項目を読み込むを選択してiPhoneのすべての写真を取り込んでいます。

iPhone写真

以上で今回の記事は終わりにします。最後までご覧になっていただきまして、ありがとうございました。


movファイルを見つける方法。iPhone 動く写真 Live Photos

JPGとMovが組み合わさっているLive Photos。Movファイルはどこに保存されているのか??

iPhone6s/6s plusから追加された新機能、動く写真のLivePhotos。画像のJPGファイルと動画のMovファイルが組み合わされて、動く仕組みになっています。Live Photosとは、シャッターを押す1.5秒前後、合計3秒間の映像と音声を記録します。閲覧すると、3秒間動画のように動き出すのです。

今回は、このMovファイルの見つける方法をお伝えします。環境は、3パターンです。①Windowsパソコン②Mac③iPhoneです。

ただ先に結論をお伝えすると③iPhoneは、うまくいきませんでした。Movファイルを取り出せるものの、再生ができませんでした。どうやって試したかを下記でお伝えします。①と②はうまくいきました。


①Windowsパソコン LivePhotos Movファイルの見つけ方
アプリケーション不要。エクスプローラーから。

今回使用したWindowsは、8.1となります。


iPhoneのUSBライトニングケーブルを使ってパソコンとつなげます。そうすると、iPhoneのアイコンが見えます。ただ、iPhoneのアイコンが表示されない場合があるようです。その時は、こちらのソフトバンクに書いているやり方を試してみてください。


iPhone写真バックアップ


iPhoneとパソコンをつなげるのが初めての場合、iPhone側では、このコンピュータを信頼しますか?と表示されます。信頼をクリックします。信頼にしないとWindowsパソコンでiPhoneにアクセスすることができません。

iPhone写真バックアップ1


iPhone > Internal Storage > DCIM > 1**APPLEの順番にアクセスします。そうするとLivePhotosのファイルが見えます。 IMG_2562.JPGとIMG_2562.MOVの2つがLivePhotosのファイルです。

iPhone写真バックアップ2


Movファイルをクリックすると動画が再生されます。再生時間が下記の画像からは分かりませんが、3秒間です。

iPhone写真バックアップ3

以上でWindowsパソコンでのMovファイルの見つける方法は終わりです。

②Mac LivePhotos Movファイルの見つけ方
標準のアプリケーション、イメージキャプチャを使用


今回使用したOS Xは、EI Capitanとなります。


iPhone写真バックアップ14



iPhoneのUSBライトニングケーブルを使ってパソコンとつなげます。場合によっては、写真アプリが起動するかもしれませんが、無視をします。

続いて、イメージキャプチャを開きます。Finderを開いてアプリケーション>イメージキャプチャの順番にクリックします。


iPhone写真バックアップ4


イメージキャプチャは、自動でiPhoneの写真を読み込みます。
IMG_2562.JPGとIMG_2562.MOVの2つがLivePhotosのファイルです。

iPhone写真バックアップ5

IMG_2562.MOVファイルを開くと動画が再生されます。再生時間は、3秒間です。



iPhone写真バックアップ8

補足:イメージキャプチャ 写真の保存方法



下にある読み込み先のところを選択すると、保存先を選択することができます。


iPhone写真バックアップ6

保存する場所を選択できたり、アプリケーションに読ませることもできます。

なお、このイメージキャプチャーから写真アプリケーションに読み込ませた結果、LivePhotosが機能していました。


iPhone写真バックアップ7

以上でMacでのMovファイルの見つける方法は終わりです。



③iPhone LivePhotos Movファイルの見つけ方
ファイルの保存先は、NAS。使用したアプリは、FileExplorer Free。

前述した通り、iPhoneではMovファイルの取り出すは成功しました。しかし、Movファイルを再生することができませんでした。なので、今回は成功例でなくどういう風に試したかお伝えします。

環境は下記の通りです。まずiPhoneのLivePhotosの写真を別の場所に保存する必要があります。今回はNASへ保存します。NASとはネットワーク上にあるストレージです。無線LAN(Wi-FI)を使ってアクセスをして、データを保存したり取り出せたりします。

iPhone写真バックアップ9


使用したアプリケーションは、FileExplorer Freeです。iPhoneからネットワーク上にあるディスクにアクセスするために使用するアプリケーションです。
iPhone写真バックアップ10

当ブログでもこのアプリケーションの内容をお伝えしていますので、ご紹介させていただきます。

【これは便利!】第3回 FileExplorerアプリ を利用して iPhoneから無線LANルータ経由でNASへアクセスする


さて、本題に戻ってFileExplorerからLivePhotosの写真をNASに保存します。下記の犬の写真がLivePhotosの写真なのでこちらを選択します。


iPhone写真バックアップ11


写真を保存したあと、NASに保存されたファイルを見てみます。IMG_2562.JPGとIMG_2562.MOVの2つのファイルが保存されています。


iPhone写真バックアップ12



しかし、iPhoneからIMG_2562.MOVファイルを開いてみても、ブラックアウトしてしまって再生することができませんでした。

iPhone写真バックアップ13


Macで再生しても同様でした。


iPhone写真バックアップ14


FileExplorerを使ってLivePhotosのMovファイルをNAS上に"正常"に保存することはできませんでした。現時点ではLivePhotosの写真をNASに保存することはできないようです。今度他のアプリでも試してみたいと思います。


まとめ

今回は、動く写真のMovファイルの取り出し方を3つのパターンでお伝えしました。①Windowsパソコン②Macは、無事取り出すことができましたが、③iPhoneでは保存は成功、再生することができませんでした。事実上、ネットワーク上にLive Photosの写真を保存する方法がない状況です。
(iCloudは除く)
これは、すごく不便なのでこれからもいろいろ試したり調査していきたいと思います。

今回も記事をご覧になっていただきましてありがとうございました。











テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

iPhone6s 写真 Live Photos のファイルサイズに注意!

iPhone6s 動く写真のLive Photos のファイルサイズに注意!
静止画+動画でファイルサイズは倍以上消費する!

iPhone6s/6s plusから追加された新機能、LivePhotos。まるで動く写真のように見ることができます。動く写真の仕組みは、静止画+動画の組み合わせです。シャッターを押す1.5秒前後、合計3秒間の映像と動画を記録します。閲覧すると、3秒間動画のように動き出すのです。 
従いまして、ファイルサイズを消費する原因は、この動画です、結論は、ファイルサイズは、倍以上消費してしまいます。


Live Photosは、静止画+動画の組み合わせ?


では、実際に本当に静止画+動画なのか見てみましょう。下記の写真は、静止画です。IMG_2562.JPG というファイル名です。

iPhone6s LivePhotos3


下記は、Mac のイメージキャプチャAppで取り込んだときの画像です。先ほどの静止画と同じファイル名でIMG_2562.MOVというファイル名があるのがわかります。これが動画の正体です。

iPhone6s LivePhotos1


クリックすると再生することができます。

iPhone6s LivePhotos2


Live Photosのファイルサイズは?
静止画(JPG)が2.3MB、動画(MOV)が3.3MBなので、LivePhotosのファイルサイズ合計は、5.6MB!!静止画だけに比べて約2.4倍のファイルサイズになります。

iiPhone6s LivePhotos4



まとめ

Live Photosの動く仕組みは、動画ファイルでした。そしてこの動画ファイルが生成されるため、静止画に比べて約2.4倍以上のファイルサイズになってしまいます。

これは、iPhone6s/6s plusのディスク容量に気をつけないと、すぐに一杯になってしまいそうです。少ない容量のiPhoneを購入した方は、こまめにバックアップをする必要があると思います。
Live Photos含めた写真のバックアップ方法は今調べているところです。終わりましたら当ブログでも紹介させていただきます。

ディスク容量は気になるものの、Live Photosは、それでも使っていてすごく楽しいです。写真を見るときの楽しみ方が変わりました。撮った写真を楽しむ時、いつもなら写真をパラパラと眺めるだけですが、LivePhotosなら前後3秒間の動画を楽しむことができます。写真では決まったポーズでも、Live Photosを再生すると、ポーズする前も再生されたり。本当に面白いです。











テーマ:iPhone - ジャンル:コンピュータ

PR
プロフィール

Author:KaitekiNetwork
無線LAN/WiFi、スマートフォンを活用して、快適で便利なネットワーク生活を楽しんでいただくような内容を書いていきます。
ご覧になっている方々に「こんなに便利になるの?」「こんな使い方もできるの?」「こんなにインターネットの料金を抑えられるの?」というような内容を提供していきたいと考えてます。

Twitter始めました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ記事